MIZUMA ART GALLERY


トップ › アーティスト › 近藤 聡乃

ARTIST ⁄ アーティスト

  • 近藤 聡乃
  •  ⁄ 
  • KONDOH Akino

pdf 略歴 PDFダウンロード

アニメーション、マンガ、ドローイング、油彩など多岐に渡る作品を国内外で発表している。文化庁新進芸術家海外留学制度、ポーラ美術振興財団の助成を受け、2008年よりニューヨーク在住。2008年、2冊目のマンガ単行本「いつものはなし」(青林工藝舎)を出版。2010年、アニメーション作品「てんとう虫のおとむらい」ダイジェスト版が、 「YouTube Play. A Biennial of Creative Video」(グッゲンハイムミュージアム、ニューヨーク)においてTop25に選ばれる。2011年、個展「KiyaKiya」(ミヅマアートギャラリー)において、アニメーション「KiyaKiya」を発表。2012年、エッセイ集「不思議というには地味な話」(ナナロク社)を出版。Web文芸誌「MATOGROSSO」でマンガ「ニューヨークで考え中」を隔週連載中。2013年、「近藤聡乃作品集」(ナナロク社)を出版。






    主な受賞歴:
  • 2010 アニメーション「てんとう虫のおとむらい」ダイジェスト版
      ・「You Tube Play: Biennale of Creative Video」、TOP 25 videos
  • 2003 マンガ「つめきり物語」
      ・平成15年度[第7回]文化庁メディア芸術祭/マンガ部門審査委員会推薦作品
  • 2002 アニメーション「電車かもしれない」
  •   ・平成14年度[第6回]文化庁メディア芸術祭/アニメーション部門/奨励賞
      ・DIGISTA AWARDS 2002 アニメーション部門賞
      ・第3回 ユーリ・ノルシュテイン大賞/観客賞
  • 2002 立体作品「はこにわ虫」
      ・GEISAI1-GP/草間彌生賞
  • 2000  マンガ「小林加代子」
      ・第2回アックス新人賞/奨励賞

WORKS ⁄ 作品一覧

    • KiyaKiya_painting11
    • 2013
    • more

    • KiyaKiya_painting02
    • 2011
    • more

    • KiyaKiya
    • 2010-2011
    • more

    • waiting - sketch
    • 2008
    • more


    • 「てんとう虫のおとむらい」番外編05
    • 2007
    • more

    • てんとう虫のおとむらい
    • 2005-2006
    • more

    • 夜のさけめ vol.2
    • 2005
    • more

    • 電車かもしれない
    • 2001-2002
    • more


EXHIBITIONS ⁄ 展覧会

個展 / Solo Exhibitions

2013
「KiyaKiya 1/15秒」ミヅマアートギャラリー/東京
「KiyaKiya アニメーション原画展」六本木ヒルズA/Dギャラリー/東京
「KiyaKiya 1/15秒」galleri s.e/ベルゲン、ノルウェー
2012
「近藤聡乃の漫画と挿画の原画展〜『うさぎのヨシオ』&『不思議というには地味な話』刊行記念〜」NADiff modern/ 東京
2011
「KiyaKiya」ミヅマアートギャラリー /東京
2008
「果肉」ミヅマアートギャラリー /東京
2007
「hint」Tache-Levy Gallery/ ブリュッセル、ベルギー
2006
「てんとう虫のおとむらい」 ミヅマアートギャラリー /東京
2004
「近藤聡乃展」 trance popギャラリー /京都
2003
「近藤聡乃展」 ギャラリーエス /東京
グループ展 / Group Exhibitions
2014
「ゴー・ビトゥイーンズ:こどもを通して見る世界展」森美術館/東京、名古屋市美術館、愛知へ巡回
「タマグラアニメとマンガ博」アキバタマビ21/東京
2013
「The Garden of Forking Paths: Exploring Independent Animation」OCAT,OCT Contemporary Art Terminal Shanghai /上海、中国
2012
「ジパング展−沸騰する日本の現代アート」新潟県立万代島美術館/、秋田県立近代美術館/秋田へ巡回
「Planete Manga! (at Studio 13/16)」Centre Pompidou/パリ、フランス
2011
「East West Connect」 Above Second Gallery/香港
「ジャラパゴス展」三菱地所アルティアム /福岡
「ジパング ー31人の気悦作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。ー」日本橋高島屋8階ホール/東京
「BigPond Adelaide Film Festival」 アデレード、オーストラリア
2010
「DOMANI - The Art of Tomorrow 2010 Exhibition」国立新美術館/東京
「ジャラパゴス展 (Tokyo Designer's Week)」明治神宮外苑 /東京
「You Tube Play: Biennale of Creative Video」グッゲンハイム美術館/ニューヨーク、アメリカ
「Make Believe」The Harold B. Lemmerman Gallery, New Jersey City University/ジャージーシティ、アメリカ
「Dazzled and Enchanted --New Age Animamix」広東美術館/広州、中国
2009
「Enliven - In Between Realities and Fiction - Animamix Biennale 2009-2010」今日美術館 /北京、中国
「November Steps」ミヅマアートギャラリー /東京
2008
「反主流」Mizuma & One Gallery /北京、中国 (カタログ)
「KITA!- Japanese artists meet Indonesia」 ジャカルタ、ジョグジャカルタ、バンドゥン、インドネシア (カタログ)
「VIDEOFORMES 2008」 クレモンフェラン、フランス (カタログ)
「Eyes & Curiosity」 Taiwan version, Soka Art Center/ 台北、台湾 (カタログ)
2007
「3L4D:-3rd Life 4th Dimension」 National Dr. Sun Yat-sen Memorial Hall/ 台北、台湾 (カタログ)
「How to cook DOCOMODAKE」201 Mulberry St./ニューヨーク、アメリカ、NTTインターコミュニケーション・センター(ICC)/東京へ巡回 (カタログ)
「Pocheon Asia Biennale 2007」Encounter with Contemporary Asian Art", Pocheon Banweol Art Hall/ 抱川、韓国 (カタログ)
「Contemporary Outlook: Japan」 Museum of Fine Arts /ボストン、アメリカ
「Get It Louder 2007」 organized by modern media/ 中国(広州 Grandview Mall、上海 Daning/The Life Hub、北京 SOHO Shangduを巡回) (カタログ)
「Thermocline of Art- New Asian Waves」 ZKM | Museum of Contemporary Art /カールスルーエ、 ドイツ (カタログ)
「CORPO SOCIALE」 GALLERIA PACK/ミラノ、イタリア
「No American Talent II, Dark Matter: New York from Japan」Okay Monument/テキサス、アメリカ
「International Contemporary Art from the Harn Museum Collection」 Harn Museum /ゲーンズビル、アメリカ
「Festival EXIT」Maison des Arts de Creteil/クレテイユ、フランス
2006
「Eyes and Curiosity from Tokyo」 Chelouche Gallery /テレアビブ、イスラエル
「videotheque」 Site Gallery /シェフィールド、イギリス
「Fiction@Love」 上海現代美術館 /上海、中国
2005
「スイスコミック・アート展」 川崎市民ミュージアム /神奈川
「Spoltore Ensomble 2005」 /ぺスカーラ、イタリア
「Paradiso d'Amore -Neo-Aesthetics of Animamic Age」杭州和平国際展示センター / 杭州、中国(Millennium美術館 / 北京、Guangdong Museum of Art/杭州、中国、Shanghai Art Museum and Bund 18 Creative center/上海、中国へ巡回)
「Psionic Distortion」 Plum Blossoms Gallery / ニューヨーク、アメリカ
「Aランチ」 AXIS Gallery /東京
「Since 1994 - ミヅマアートギャラリー10周年記念展」ミヅマアートギャラリー/東京
2004
「Psionic Distortion」Super Deluxe/東京
「Tokyo Style」 Milliken /ストックホルム、スウェーデン
「London Scope」(ミヅマアートギャラリー) /ロンドン、イギリス
「日本四景」 ギャラリーエス /東京
「Blind Pilots」 THE PROPOSITION /ニューヨーク、アメリカ
「Girs & Guns」 THE PROPOSITION /ニューヨーク、アメリカ
「オトメ会議」ギャラリーエス/東京


主なスクリーニング:
2014
「Bradford Animation Festival」National Media Museum、ブラッドフォード、イギリス
「FANTOCHE」バーデン、スイス
2013
「第16回文化庁メディア芸術祭」国立新美術館/東京
2012
「第9回日本映画祭 映画とアニメーションの万華鏡」釜山、韓国
「Japan Touch」リヨン、フランス
「TOKYO ANIMA!秋」国立新美術館/東京
「TOKYO ANIMA!春」国立新美術館/東京
「Nippon Connection」 Japanese Film Festival/ フランクフルト、ドイツ
2011
Adelaide Festival、アデレード、オーストラリア
札幌ビエンナーレ・プレ企画内「現代アニメーション総進撃!」北海道立近代美術館講堂
2010
「Ottawa International Animation Festival」オタワ、カナダ
「SICAF(Seoul International Cartoon & Animation Festival)」 ソウル、韓国
「Shinsedai Cinema Festival 2010」 トロント、カナダ
「The 4th International Digital Moving Image Festival」 Korean Film Archive/ ソウル、韓国
「PLASTIC PAPER: WINNIPEG'S FESTIVAL OF ANIMATION, ILLUSTRATION & PUPPET FILM」 ウィニペグ、カナダ
「TOKYO_ANIMA!」 国立新美術館/東京
2009
「New Nippon: Contemporary Film & Video from Japan」 Gene Siskel Film Center/ シカゴ、アメリカ
「Shinsedai Cinema Festival」 トロント、カナダ
「Film Fort, Funcation 13 Gallery」トロント、カナダ

Public Collection ⁄ コレクション

    Asia Society / ニューヨーク、アメリカ
    川崎市民ミュージアム / 神奈川
    森美術館、東京