MIZUMA ART GALLERY


トップ › アーティスト › 山口 晃

ARTIST ⁄ アーティスト



撮影:曽我部洋平
  • 山口 晃
  •  ⁄ 
  • YAMAGUCHI Akira

合戦図、時空の混在、更には画面を埋め尽くすように描き込まれた街の鳥瞰図等のモチーフを使い、観客を飽きさせないユーモアとシニカルさを織り交ぜた作風に代表される。

pdf 略歴 PDFダウンロード

  • 1969年 東京都生まれ 桐生市育ち
  • 1994年 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
  • 1996年 東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻(油画)修士課程修了


  • 受賞歴
  • 2001 第4回岡本太郎記念現代芸術大賞優秀賞
  • 2013 自著『ヘンな日本美術史』(祥伝社)にて第12回小林秀雄賞

WORKS ⁄ 作品一覧

    • オイル オン カンヴァス(本歌 雲谷等顔)
    • 2015
    • more

    • 来迎圖
    • 2015
    • more

    • 山愚痴屋澱エンナーレ2013
    • 2013
    • more

    • 忘れじの電柱
    • 2012
    • more


    • 四天王立像「廣目天」
    • 2006
    • more

    • 百貨店圖 日本橋 新三越本店
    • 2004
    • more

    • 「日清日露戦役擬畫」より「フランス重騎兵」
    • 2002
    • more


    • 當卋おばか合戦
    • 1999
    • more

EXHIBITIONS ⁄ 展覧会


個展、二人展 / Solo and Two-Person Exhibitions

2015
「山口晃展 汽車とかたな」霧島アートの森、鹿児島(7月17日〜9月23日)
「山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ」水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城
2013
「山口晃展 画業ほぼ総覧―お絵描きから現在まで」群馬県立館林美術館、群馬
「山口晃展〜またまた澱エンナーレ 老若男女ご覧あれ〜」新潟市美術館、新潟
「山口晃展〜付り澱エンナーレ 老若男女ご覧あれ〜」そごう美術館、神奈川
2012
「山口晃展〜山口晃と申します 老若男女ご覧あれ〜」美術館「えき」KYOTO、京都
「望郷 TOKIORE(I)MIX」メゾンエルメス8階フォーラム、東京
2011
「東海道 新風景ー山口晃と竹崎和征」ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡
「街歩き旅ノ介」福岡三越9階 「三越ギャラリー」、福岡
「SINGA-PLANET」ジャパン・クリエイティブ・センター、シンガポール
2010
「東京旅ノ介 山口晃展」銀座三越・8階催物会場、東京
「いのち丸」ミヅマアートギャラリー、東京
2008
「さて、大山崎−山口晃展」アサヒビール大山崎山荘美術館、京都
2007
「山口晃展 今度は武者絵だ!」練馬区立美術館/東京
「アートで候。 会田誠 山口晃展」上野の森美術館/東京
2006
「ラグランジュポイント」ミヅマアートギャラリー/東京
「ラグランジュポイント」中京大学アートギャラリーC・スクエア/愛知
船場建築祭「北野家住宅X山口晃」/大阪
2005
「山口晃展」日本橋三越新館7Fギャラリー/東京
「おさらい」タカハシコレクション/東京
2004
「売らん哉」ミヅマアートギャラリー/東京
「山口晃 挿画〔菊燈台〕」ナディッフ/東京
2003
『「山口晃展」展』ミヅマアートギャラリー/東京
2002
「日清日露戦役擬畫」ナディッフ/東京
2001
「畫を描く歓び」ミヅマアートギャラリー/東京
2000
ミヅマアートギャラリー/東京
1999
「借景」ミヅマアートギャラリー/東京
1998
「イスのある茶室」ミヅマアートギャラリー/東京
 
 

グループ展 / Group Exhibitions

2015
「鳥の目から世界を見る」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、滋賀
「高橋コレクション展 ミラー・ニューロン」東京オペラシティアートギャラリー
「静岡市美術館開館5周年記念 大原美術館展 名画への旅」静岡市美術館、静岡
「笑う美術」茨城県近代美術館、茨城
2014
「Conversations through the Asian collections」 ニューサウスウェールズ州立美術館、シドニー、オーストラリア
「秋田魁新報創刊140年・秋田県立近代美術館開館20周年 大原美術館展」秋田県立近代美術館、秋田(-9/15)
「日本の原風景を描く 広重の「東海道五拾三次」と現代作家たち」ベルナール・ビュフェ美術館 別館、静岡
「開館15周年記念 サッカー展、イメージのゆくえ。」うらわ美術館、埼玉
「マインドフルネス! 高橋コレクション展 決定版2014」名古屋市美術館、愛知
2013
「高橋コレクション マインドフルネス!」札幌芸術の森美術館、北海道
「描かれた都 開封・杭州・京都・江戸 」大倉集古館、東京
「浮世絵POP 江戸〜現代のポップカルチャー」静岡市東海道広重美術館、静岡
「大原美術館特別展 Ohara Contemporary」大原美術館、岡山
「六本木ヒルズ・森美術館10周年記念展 LOVE展:アートにみる愛のかたち」森美術館、東京(杉本博司さんのセクション)
「ワンダフル・マイ・アート 高橋コレクションの作家たち」河口湖美術館、山梨
「水彩画 みづゑの魅力―明治から現代まで―」平塚市美術館、神奈川
2012
「ジパング展ー沸騰する日本の現代アート」新潟県立万代島美術館、新潟/高崎市美術館、群馬/2013年、秋田県立近代美術館(秋田県横手市)に巡回
「Reinventing Tokyo: Japan's Largest City in th Artistic Imagination」 アマースト大学ミード美術館、アメリカ
「大原美術館展 モネ、ルノワール、モディリアーニから草間彌生まで。」北海道立近代美術館、北海道
「Double Vision: Contemporary Art from Japan」モスクワ市近代美術館、モスクワ、ロシア、ハイファ博物館群(Haifa Museum of Art, Tikotin Museum of Japanese Art)、イスラエルに巡回
2011
「コビケンは生きている。−高橋コレクションより−」 TABLOID GALLERY、東京
ミネアポリス美術館、ミネアポリス、アメリカ
「TARO LOVE展 岡本太郎と14人の遺伝子」西武渋谷、東京
「JARAPAGOS展」三菱地所アルティアム、福岡
「CAFE in Mito 2011― かかわりの色いろ」水戸芸術館現代美術ギャラリー、茨城
「Japan: a tradition of innovation」カナダ国立文明博物館、ガティノー、カナダ
「ジパングー31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。」日本橋高島屋8階ホール、東京
「二十歳の原点」平塚市美術館、神奈川/下関市美術館、山口 他2会場へ巡回
高橋コレクション日の出 オープニング展覧会 「リクエストトップ30―過去10年間の歩み」TABLOID GALLERY/東京
「バイバイキティ」ジャパン・ソサエティー、ニューヨーク、アメリカ
2010
「物語の絵画」新潟県万代島美術館、新潟
「ロボットと美術ー機会と身体のビジュアルイメージ」青森県立美術館、青森/静岡県立美術館、静岡へ巡回(〜11月7日)
第17回シドニービエンナーレ「The Beauty of Distance: Songs of Survival in a Precarious Age」シドニー、オーストラリア
「誠がいく、尚がいく、晃がいくーミヅマ三人衆ジャパンを斬るー会田誠+天明屋尚+山口晃」高橋コレクション日比谷、東京
「ネオテニー・ジャパン-高橋コレクション」米子市美術館、鳥取/愛媛県美術館、愛媛へ巡回
TDW-ART「ジャラパゴス展」TOKYO DESIGNDERS WEEK 2010、東京
「BASARA展」スパイラルガーデン、東京
「親鸞聖人750回忌記念企画 親鸞展 」日本橋三越 本店新館7階ギャラリー /東京、他26会場に巡回
2009
「越後妻有トリエンナーレ2009」新潟
「Novermber Steps」ミヅマアートギャラリー、東京
「大原美術館コレクション展 名画に恋して」福岡県立美術館、福岡
「ネオテニー・ジャパン-高橋コレクション」上野の森美術館、東京/新潟県立近代美術館、新潟/秋田県立近代美術館、秋田へ巡回
「戦争と芸術III 美の恐怖と幻影」京都造形芸術大学、ギャルリ・オーブ、京都
2008
「JAPAN CAR」Cite des Sciences et de l'industrie、パリ、フランス/Science Museum、ロンドン、イギリスへ巡回
「ネオテニー・ジャパン-高橋コレクション」霧島アートの森、鹿児島/札幌芸術の森、北海道へ巡回
「ORDER RECEIVED」ミヅマアートギャラリー、東京
「Off the Rails」Mizuma & One Gallery、北京、中国
「もうひとつの風景:森アートコレクションより」森美術館、東京
「高橋コレクション展」高橋コレクション神楽坂、東京
2007
「日本画滅亡論」中京大学アートギャラリーC・スクエア、愛知
「描かれた武士(ヒーロー)たち 武者絵の世界展」長野県信濃美術館、長野
「VOCA展2007」上野の森美術館、東京
2006
「ニッポンvs美術 近代日本画と現代美術:大観・栖鳳から村上隆まで」大阪市立近代美術館(仮称)心斎橋展示室/大阪
「縄文と現代」青森県立美術館/青森
「現代の造形 -Life&Arts-『酔いのかたち』」東広島市美術館/広島
「木村直道+遊びの美術」埼玉県立近代美術館/埼玉
2005
「Rising Sun, Melting Moon: Contemporary Art from Japan」 The Israel Museum、イスラエル、エルサレム
「ユートピアを探しに─想像力の彼方へ─」新潟県万代島美術館/新潟
「平成17年春 大原美術館 有隣荘特別公開 『会田誠・小沢剛・山口晃』展」 大原美術館 有隣荘、岡山
「燐票大展覧会―マッチラベルのシンセカイ」岡山県立美術館、岡山
「秘すれば花:東アジアの現代美術」森美術館/東京
2004
「こたつ派2」 ミヅマアートギャラリー /東京
「OFFICINA ASIA」Galleria d'Arte Moderna、ボローニャ、イタリア
「開館20周年記念展 コピーの時代展」滋賀県立近代美術館、滋賀
「MEDIARENA:Contemporary Art from Japan」Govett-Brewster Art Gallery、ニュープリマウス、ニュージーランド
「Living Together is Easy」水戸芸術館現代美術センター、茨城/メルボルン・ヴィクトリア州立美術館、メルボルン、オーストラリアへ巡回
「MOTアニュアル2004:私はどこからきたのか/そしてどこへ行くのか」東京都現代美術館、東京
2003
「わたしのお宝 交換プロジェクト」すみだリバーサイドホール・ギャラリー、東京
2002
「掌8」レントゲンヴェルケ、東京
「Japan in Blekinge」オロフストルム・アート・エキジビション・ホール、ブレーキンゲ、スウェーデン
「新版 日本の美術」 山梨県立美術館、山梨
2001
「第4回岡本太郎記念現代芸術大賞展」川崎市岡本太郎美術館、神奈川
「S(h)itting in the mirror:オレにはオレがこう見える」ミヅマアートギャラリー、東京
2000
「Five continents and one city」メキシコ市立美術館、メキシコシティ、メキシコ
「現代美術百貨展」山梨県立美術館、山梨
「WALKING MUSEUM」高島屋タイムズスクエア、東京
1999
「A Window, Inside and Outside」光州市立美術館、光州、韓国
井上画廊、東京
1998
井上画廊、東京
1997
「こたつ派」ミヅマアートギャラリー、東京
「WALKING MUSEUM」高島屋タイムズスクエア、東京

Public Collection ⁄ コレクション

  • ■ミュージアムコレクション
  • 高松市美術館、香川
  • 馬の博物館、神奈川
  • ヴァンジ彫刻庭園美術館、静岡
  • 大原美術館、岡山
  • 滋賀県立近代美術館、滋賀
  • 森美術館、東京
  • アサヒビール大山崎山荘美術館、京都
  • ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館、シドニー、オーストラリア

  • ■パブリックアート
  • 科学技術館(東京) 「氣呑漫談」
  • 静岡がんセンター 「階段遊楽圖」
  • 大阪市交通局新庁舎 「大阪市電百珍圖」
  • 成田国際空港 第一旅客ターミナル南ウィング4階「成田国際空港―南ウィング盛況の圖」「成田国際空港―飛行機百珍圖」
  • 東京メトロ13号線 西早稲田駅「地下鐡道乃圖」
  • 清安寺(岐阜県) 天井画 「五竜圖」
  • 平等院 養林庵書院(京都府) 襖絵奉納 「當卋早来迎、賽の河原、白道」
  • 東京都健康長寿医療センター 「養育院幾星霜之圖」