MIZUMA ART GALLERY


トップ › 展覧会・イベント › 大島梢展「図鑑」

EXHIBITION ⁄ 展覧会・イベント

2009/06/12 - 2009/07/11
大島梢展「図鑑」

2009年6月12日よりミヅマ・アクションにて大島梢展「図鑑」を開催いたします。

大島梢は1978年生まれ、02年に東京造形大学造形学部環境計画染専攻を卒業し、04年より制作活動を開始しました。05年、07年ギャラリーエスにて個展、07年「黒川紀章展/黒川紀章キーワードドライブ」国立新美術館、06年、08年ミヅマ・アクションのグループ展「眼差しと好奇心」に参加するなど順調に発表を重ね、今回ミヅマ・アクションにて待望の初個展となります。ジェッソを下地としたキャンバスに細筆を使ってアクリルで描くスケールの大きな作品は日々進化しています。
  • 深部器官 deep organ
  • 2008-2009
  • 木製パネル、ジェッソ、アクリル
  • 3000×1600×50mm
  • 撮影:宮島径
大島は樹木、花、昆虫、鳥、海など自然の有機的なモチーフや、ときにサーカス、電車、フラッグなどが融合した心象風景を描きます。作品に繰り返し描かれるモチーフの多くは、幼少期の目線の記憶−例えば苔に這いつくばって、ミクロの森を発見する遊び−、旅先の景色、日常で見る空、ずっと馴染んできたたくさんの古い図鑑などからインスパイアされたものです。また植物や蝶に至っては自宅の庭で植物を育て、蝶を自身で羽化させて丹念に観察し、綿密なスケッチを重ねるなど、作品はモチーフに対する執着と追求をベースに構築され、彼女の湧き出る想像力によって、さらに物語性を孕んだ作品へと発展していきます。
  • 深部器官 deep organ(部分)
初個展となる本展は、まさに彼女の想像力の原点となる「図鑑」と題し、大小7-8点のペインティングで構成されます。都会に住む大島には、実際より図鑑の中で出会うものの方がはるかに多く、そこから得たあらゆるイメージは頭の中でいくつも形や色を変えて、その断片はいつかつながり、風景になって現れるのだと言います。
今回メインとなる幅3mの作品「深部器官 deep organ」は、植物の維管束内部に拡大する世界を描き出しています。水晶や化石、蝶の羽など物語の鍵となるモチーフ、その奥には動物の体内や血管をも連想させる場面が広がり、中央には泉が湧き出ています。


大島にとって図鑑とは存在そのものがわくわくさせ、まだ見ぬ生き物や自然現象、乗り物などの様々なものへの憧れや住む場所への想像を掻き立てるものです。そこから生まれた作品に答えはありません、彼女が図鑑を手に想像の世界を自由に旅したように、皆様もまた、彼女の紡ぎ出す神秘的な世界を自由に旅していただければ幸いです。