MIZUMA ART GALLERY


トップ › 展覧会・イベント › 熊澤未来子 展

EXHIBITION ⁄ 展覧会・イベント

2010/06/02 - 2010/07/03
熊澤未来子 展

1983年愛知県生まれの熊澤未来子は武蔵野美術大学大学院を修了した2008年に「世田谷区芸術アワード“飛翔”」を受賞しました。副賞として開催された世田谷美術館区民ギャラリーでの展覧会では作品への高い評価を受けています。ミヅマ・アクションで初めての発表となる今展では、新作を中心に鉛筆による絵画作品を多数展示いたします。
  • 熊澤未来子
  • 侵食
  • 2009
  • パネル、ジェッソ、鉛筆
  • 227.3 x 324.0cm
  • 宮島径
大きな画面いっぱいに描きこまれた混交した街や人々。鉛筆の精緻な描写が圧倒的に画面を埋め尽くし、作品から溢れ出す勢いは現実をも飲み込みます。街並み、電車や人々の表情に至るまで、それぞれは必要以上と思われるほど正確に、また丁寧に描写されています。

しかし私たちが実際に彼女の作品から受ける印象は、デフォルメされた漫画やCG以上に強烈です。今日漫画やCGは私たちを異世界へと自然に導く基本的な形式装置として定着しています。アニメや映画で現実にはありえない光景を目にしても、私たちは抵抗なく受け入れることが出来るでしょう。しかし熊澤の作品はそういった変形や簡略といったサイン無しに、現実の姿のまま非現実の世界を突きつけます。そのため熊澤の作品を前にしたとき、私たちは一瞬のまばたきの間に日常が非日常に姿を変えてしまったような衝撃を受けるのです。

熊澤の描く世界はその強い印象により、一見奇想の所産に見えるかもしれません。しかし細部に目を移すと、それは実際の世界がほんのわずかにルールを変えたものであることに気づくはずです。熊澤の目指す絵画とは架空の世界の一場面を描くことではなく、日々生活しているこの世界を別の方法で映し出すこと。それゆえ熊澤の作品は私たちの網膜以上に正確な実像を結ぶ可能性を秘めているのです。一作品ずつに内包されたそれぞれの世界と無数の物語。世界を縦横に切り結ぶ新しい才能の開花をぜひご高覧ください。

  • installation view at Mizuma Action

  • installation view at Mizuma Action