MIZUMA ART GALLERY


トップ › 展覧会・イベント › 近藤聡乃 展 「KiyaKiya」

EXHIBITION ⁄ 展覧会・イベント

2011/10/11 - 2011/11/12
近藤聡乃 展 「KiyaKiya」

  • 近藤聡乃
  • KiyaKiya
  • 2010-2011
  • シングルチャンネル・アニメーションビデオ
この度ミヅマアートギャラリーに於きまして近藤聡乃による3年ぶりの個展「KiyaKiya(きやきや)」を開催いたします。

近藤は2008年秋よりニューヨークを拠点に制作に取り組んできました。昨年はアニメーション作品「てんとう虫のおとむらい(ダイジェスト版)」が、グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)で開催されたYou Tubeとのコラボレーション企画「YouTube Play. A Biennial of Creative Video」においてTop25に選ばれ、また新国立美術館(六本木)で開催された「DOMANI・明日展 2010」にも参加するなど、国内外で広く活動しています。

本展は、新作アニメーション「KiyaKiya」とそのドローイング、油彩、スケッチで構成されます。
タイトルになっている「KiyaKiya」は「胸がきやきやする」という古い日本語から取った言葉です。近藤は、澁澤龍彦『少女コレクション序説』中の「幼児体験について」という一編で、この言葉と出会いました。「何とも説明しがたい、懐かしいような、気がかりなような気分」、「既視感(デジャ・ヴュ)」の気分を表すこの言葉の存在を知ったことが、「KiyaKiya」シリーズ制作のきっかけとなりました。
今回のアニメーションでは、少女が紙芝居を演じ続けています。近藤は紙芝居のページの表裏に時差があること(観客が絵を見ながら聞いている話は、その前の絵の裏に描いてある。つまり紙芝居の紙の表裏には、1ページ分の時差がある)に気づいた時、日常生活のすぐ後ろにある、ほんの少しずれた別の世界の可能性を感じたと言います。

作品中では、3つの世界が進行しています。どの世界にも同じ少女が存在し、それぞれの時間を過ごしながら、その軌道が少しずつずれ、互いに干渉し合い、入れ替わり、それでも気づかずにその軌道を回り続け、それを永遠に繰り返します。

近藤にはこんな思い出があります。

「赤ん坊の頃からのかかりつけの病院の待合室に、いつも読む絵本がありました。ある日、いつものように読んでいたら結末が違っていました。それからしばらくして、また読んだ時には元に戻っていました」
日常生活は一見同じ軌道をたどっているようですが、いつのまにか別の軌道に乗っているような気がする瞬間が、その中に潜んでいます。起こりうるはずのないことが、この思い出のようにふとした時にリアリティをもって感じられる。そんな感覚が本作のテーマとなっています。

近藤は「とても個人的なことは、公のことよりも他人と共有できる」と言います。本展は、ずっと忘れていた大事なことがあったような、それを今にも思い出してしまいそうな、そんな息苦しいような懐かしい体験をさせることでしょう。心の奥深くに仕舞われていた出来事が、ひょっこりと顔を出すかも知れません。