MIZUMA ART GALLERY


トップ › 展覧会・イベント › 紫舟+チームラボ 「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」

EXHIBITION ⁄ 展覧会・イベント

2012/06/05 - 2012/06/30
紫舟+チームラボ 「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」

ミヅマアートギャラリーは6月5日より、紫舟+チームラボ「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」を開催いたします。

展覧会のタイトルでもある本作品は、書道家の紫舟氏の書と「ウルトラテクノロジスト集団」として知られる会社、チームラボのテクノロジーをコラボレーションさせ、制作された作品です。
昨年恵比寿ガーデンプレイスにて2日間のみ開催された「Love LetterProject'11」展で発表され、反響を呼びました。
また、今春には欧州最大のバーチャルリアリティ博覧会「Laval Virtual」(仏)にて行われた国際コンテスト「Revolution」に出品し、「建築・芸術・文化賞」を受賞。今回はさらにバージョンアップした作品を展示いたします。

暗やみの中、壁面に書が浮遊し、流れ落ちてゆきます。
観客がその書に触れようとすると、その影に反応し、文字は姿を変えます。
元の文字が「鳥」であれば、羽を広げた鳥のイメージに変わって「木」の方に飛んでいこうとし、「蝶」であれば「花」のそばに寄り添うといった具合 に。
壁面上で移り変わるアニメーションは、自然界に同じ瞬間がないように、3D空間上でリアルタイムに計算され、常に新しい景色を創り出します。

“漢字一文字が持っている世界、書に込めた思い、そして、あなたの行為と、まわりのひとびとの行為、そういうものが重なって、世界は作られていき ます”という作品コンセプトが表している通り、書と観客の関係は、「触れる」というとてもシンプルで根源的な手段で、私と世界の反応とはじまり、 変化ということの初々しさとうつくしさを、私たちに示しています。

本作は、古代において人間同士のコミュニケーションをとるために生まれた文字が、最も古いインタラクティブツールであることを、最新のテクノロ ジーを駆使し、改めて掬い上げ、敬意を払うかのような作品でもあります。

ぜひ、この新しくも懐かしい、インタラクティブ作品を体感いただけましたら幸いです。

※今回は9日(土)にオープニングレセプションを開催いたします。
※また、23日(土)には紫舟氏、チームラボ猪子寿之氏、ディレクター三潴によるトークを開催します。→詳しくはこちら
  • 紫舟+チームラボ
  • 世界はこんなにも やさしく、うつくしい
  • 2011
  • インタラクティブアニメーションインスタレーション, 書:紫舟, 音 楽:高橋英明

<紫舟氏プロフィール>
書道家。六歳より書をはじめる。
書を用い、文字をイメージ表現・表情・感情をつけ情報としての文字に意思を吹き込む。
そして日本の伝統的な書を、世界に通用する「意思を表現する」手段として世界を舞台に発信している。

<チームラボプロフィール>
2001年始動。代表 猪子寿之
プログラマー、エンジニア、数学者、建築家、デザイナー、CGアニメーター等スペシャリストで構成される「ウルトラテクノロジスト集団」。「日本再生」を企業理念とし、日本から世界へ、高いテクノロジーと文化を発信し続けている。
------------------------------------------------------------------------------
現在台湾・台中にてチームラボ 『We are the Future(藝術超未來)』展も開催中です!
"New Value in Behavior","実在と架空","擬態語","超主観空間"という4つのコンセプトをもとに10数点の作品が展示されています。

会期:2012年5月26日(土)−8月12日(日)
会場:国立台湾美術館(住所: 台中市西區五權西路一段2號)
Tel: 886(04)2372-3552 / Fax: 886(04)2372-1195
http://www.ntmofa.gov.tw/english/index.aspx
------------------------------------------------------------------------------