Exhibitions

Archives

会田誠 展 「ワイはミヅマの岩鬼じゃーい!!」

2008年09月03日(水) - 10月04日(土)

2008年9月3日よりミヅマアートギャラリーにて、「ワイはミヅマの岩鬼じゃーい!!」 会田誠 展を開催いたします。本展は会田の国内約3年ぶりの個展です。


 


2006年のシンガポールビエンナーレへの参加や、昨年5月、上野の森美術館にて開催された「アートで候。会田誠 山口晃展」など、大規模な発表の傍ら、作品集の出版や、各誌への連載、映画のポスターから小説の挿絵まで、そのマルチな才能を開花させる会田の最近の活動は、北京、ロンドン、ベルリン、ニューヨークでのグループ展の参加など大きく海外にも広がっています。


 


これまでにも会田は多種多様な表現形態と主題を扱うことによって、鑑賞者に多方向の解釈と思考を与え、カテゴリー不能の独自の立ち位置を確立してきました。しかしその中でも、自らの生きる国や時代のアクチュアリティー、それらが抱える心の傷や闇に真摯に向き合う姿勢は一貫しているといえるでしょう。


 


さて、会田は最近自分のことを「ミヅマの岩鬼」と称することが多いようです。今や細密・超絶技法の梁山泊たる観さえあるミヅマアートギャラリーの作家たちを、水島新司の野球漫画「ドカベン」の打線に喩えるなら、自分は岩鬼だろう、と。まともなストライクゾーンの球には三振ばかりなのに、すっぽ抜けた悪球には喜んで飛びつきたまに場外ホームランを放つ、目立ちたがり屋でリスキーな一番打者・岩鬼正美。


 


展覧会を2ヶ月後に控えた現在、会田は展示のプランをまだほとんど固めていないようです。この危機的な悪条件がかえって岩鬼のような場外ホームランを生むのか、それともやっぱり三振に終わるのか。すでに42歳になり、中堅作家としてのキャリアも十分にあるにもかかわらず、会田は相変わらず新人作家のような破れかぶれな不安定感を持ち続けています。この、蓋を開けてみないと分からないリスキーなドキドキ感を多くの方々と共有したく、皆様のご来場をお待ちしております。


 


きっと会田は何か「サムシング・ニュー」をしてくれるはずです!