来る9月18日ミヅマアートギャラリーでは下記のようにトークイベントを開催します。
皆さまのご来場お待ちしております!

トークは二部制です。

☆第一部☆
東京外語大学主催のイベント“中東カフェ”の一環として、明治大学准教授山岸智子さんが「民の声、抵抗の色」と題したトークを行います。大統領選挙後のイランにおける民衆の抗議活動を、その言葉や色彩感覚の特徴から読み解きます。

☆第二部☆
現在ミヅマアートギャラリーで個展「Pejvak (god is great)」を開催中のイラン出身作家サーラ・ドラタバディが自身の作品について語ります。

☆概要☆
一部:イラン大統領選挙後の中東カフェ第4弾「民の声、抵抗の色」
二部:サーラ・ドラタバディ アーティストトーク
日時:2009年9月18日(金)18:30-20:30 (開場18:15)
会場:ミヅマ・アクション5階
   東京都目黒区上目黒1-3-9藤屋ビル5階
   t:03-3793-7931
   e:gallery@mizuma-art.co.jp
h: http://mizuma-art.co.jp
参加方法:申し込み不要。当日直接ご来場ください。
参加費:1ドリンク代として500円頂きます。

☆中東カフェについてのお問い合わせは下記までお願いします。
nihon-chukinto@tufs.ac.jp
http://www.japan-middleeast.jp/

第一部講師:山岸智子(明治大学政治経済学部准教授)
1995年 東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了
1998年 博士(学術)取得
専門はイラン地域研究、文化論。

第二部スピーカー:サーラ・ドラタバディ
1978年 テヘラン生まれ
2001年 Azad Art University卒業
現在東京に滞在、制作

司会:あれず ふぁくれじゃはに
東京外語大学産学官連携研究員
専門は日本・イラン近現代史

(敬称略)