MIZUMA ART GALLERY


トップ › 新着情報一覧 › 天明屋尚キュレーション「BASARA」展開催

WHAT'S NEW ⁄ 新着情報

2010/08/04
天明屋尚キュレーション「BASARA」展開催

スパイラルガーデンで天明屋尚が主催、企画、キュレーションを務める「BASARA」展が開催されます。
  • 1.成田久 衣殖 2008 糸、古着物 1200x380cm 
  • 2.SHIGE 不動明王 刺青作品
  • 3.池田学 興亡史 2006 200cm×200cm 紙にペン、インク 撮影:宮島径
  • 4.中島靖貴 タイム★マシーン rice burner 2009 Kawasaki Z400FX、漆、螺鈿、金、銀、FRP、鉄、畳 200×90×230cm 撮影:横山新一
  • 5.黒漆塗割蛤兜 江戸初期(1600-1700) 
  • 6.歌川国芳 通俗水滸伝豪傑百八人之一個 浪裡白跳張順 文政年間・1818-30 大判錦絵
●BASARA展●

会期:2010年8月4日(水)-7日(土)
会場:スパイラルガーデン(1F)入場無料 
   港区南青山5-6-23 tel:03-3498-1171
   http://www.spiral.co.jp/
☆営業時間:11:00 - 20:00
☆オープニングレセプション
2010年8月4日(水)19:00 ー 21:00 入場無料
(パフォーマンスがあります)

出展予定作家:池田学/伊島薫/井上雅彦/井上裕起/上田順平/歌川国芳/河鍋暁斎/金理有/三代目彫よし/SHIGE/月岡芳年/辻野裕明/天明屋尚/豊原国周/中島靖貴/成田久/野口哲哉/HITOTZUKI(KAMI+SASU)/松山淳/丸若屋+上出長右衛門窯/村山留里子/山口晃/横尾忠則
その他出展予定作品:印籠/織部茶碗/鍔/変わり兜/簪/縄文土器/煙草入れ/デコ電/族車/デコトラ、他
「BASARA」展

絢爛豪華にして反骨精神を持つ遺伝子が、今、硬直化した日本に下剋上を突きつける。

 「BASARA」展は現代美術家・天明屋尚が主催・企画・キュレーターを務め、あまりスポットが当てられることのなかった、「日本文化」の側面に光を当てるものです。これまで「日本文化」を語る際に、国内外を問わず一般的なイメージとして、いわゆる「侘び」「寂び」「禅」、あるいは「オタク」と言ったものが強調され、日本文化と言えば禁欲的で静的、簡素でミニマル、アニメやマンガ大国という風に捉えられがちだったかもしれません。ですがそれだけが日本の文化ではなく、一側面にすぎません。私たちの文化には、華やかに散り咲く満開の桜を愛で、大空を彩る大輪の花火に酔いしれ、絢爛な神輿や山車で威勢よく活気づく文化もあります。

 それら「侘び」「寂び」「禅」や「オタク」といった価値観の対極にある、過美で反骨精神あふれる破格な美の系譜を、ローマ字で「BASARA」と総称し、日本の美の歴史の各所から見出して行きたいと思います。元々「BASARA」は、中世の南北朝期に流行した社会風潮で、華美な異風に身を包み、奢侈な振る舞いを好む美意識の持ち主を指します。語源は薬師十二神将の一神・婆娑羅から来ており、サンスクリット語の原義は金剛石(ダイアモンド)。ダイアモンドは硬く全てを打ち砕くことから転じて、既成の概念や秩序を打破し、権威を嘲笑する反権力的な者たちのことを表すようになりました。

 華を求め、武を好む「BASARA」の美意識は、絢爛かつ反骨。その視覚において「贅」であり、同時に心持ちにおいて「破」であるという、二つの要素が一つである一体の美学です。つまり、目を引く華美な外見とともに、既存の秩序に反抗し、乗り越えようとする脱構築の趣向もまた重要であるという「両義性」の上に成立します。美術史家の矢代幸雄氏は『日本美術の特質』として「印象性」「装飾性」「象徴性」「感傷性」の4つを挙げましたが、還元すればBASARAの美とは、「装飾的」であると同時に「象徴的」な美でもあります。

「BASARA」展は、日本美術史を大胆に脱構築し、現代の日本文化と歴史軸を直結させる新たな試みです。既成の価値観に捉われない「BASARA」は、後におこる弱肉強食を意味する戦国乱世に登場した「下剋上」の芽生えとなりました。その意気で、「侘び」「寂び」「禅」や「オタク」といった価値観の対極として「BASARA」を掲げたいと思います。
 ここに掲げる「BASARA」の遺伝子たちは、現代の日本にもしっかりと息づいています。現代作家の作品はもちろん、縄文土器、金碧障壁画、変わり兜、織部茶碗、浮世絵、日本伝統刺青、劇画、デコ文化など、幅広い分野にわたります。これらを通して、硬直化した日本の文化観、伝統観、ヒエラルキーに対し下剋上を突き付け、「BASARA」として新たな美の基準を示したと思います。

天明屋尚
☆展覧会と合わせて書籍同時発売されます☆
■書籍タイトル:BASARA
■企画編集・著者:天明屋尚
■刊行予定:2010年8月5日
■予価:2500円(税込)
■日本語/英語表記
■サイズ:A4判、フルカラー印刷
■総ページ数予定:186ページ
■発行:美術出版社

☆展覧会出品協力:イムラアートギャラリー/甲冑・武具 MORISAKI/株式会社Bijou/河鍋暁斎記念美術館/ギャラリー玉英/ギャラリー紅屋/古美術祥雲/高橋コレクション/細川英一/山本現代/有限会社宝満堂/和田画廊
☆展覧会特別協力:株式会社レントゲンヴェルケ/NPO法人コンテンポラリー・アート・イン・東京/ミヅマアートギャラリー
☆展覧会企画協力:株式会社ワコールアートセンター/スパイラル