MIZUMA ART GALLERY


トップ › 新着情報一覧 › 山口藍の個展が台湾で開催されます

WHAT'S NEW ⁄ 新着情報

2011/05/11
山口藍の個展が台湾で開催されます

  • ひかる河も
  • 2011
  • アクリル、綿布、毛布、パネル
  • 115×66×7.5cm
  • 撮影:宮島径
  • (c) ai yamaguchi ・ ninyu works

山口藍個展 「雲隠」
   

2011年5月14日(土) - 6月5日(日)
オープニングレセプション:5月14日(土) 15:00-

   
也趣藝廊 / AKI Gallery
台北市民族西路141號
141, Min Tsu W. rd., Taipei 103-69, TAIWAN
tel: 886-2-2599-1171
山口藍の台湾での初個展となる本展は、いつも描いている女の子たちからオーラのようなエネルギーが放たれているとしたら、そしてそれが目に見えるとしたら、という観点で制作が進められました。

山口は「源氏物語」を読んだときに、源氏の描かれ方には言ってみればオーラや共感覚をもつ人物であるようなところがあると感じ、源氏の放つ光、登場人物たちの魂や込められた思いの深さといった、本来なら見えないものが見えるかのような感覚を自分の作品に置き換えました。
歳相応の美や性別を超越したかのような存在である少女から放たれるものが、周囲の環境や時間をも取り込んでいるかのように少女に付随し、手足のごとくそこにある。山口が受け止めたエネルギーの放出は、草花の形や文様のようにも表され、またキャンバスの形そのものも少女の体に沿って柔らかく広がるオーラを示しています。

展覧会タイトルの「雲隠」は、源氏物語において巻名だけが伝えられ本文が伝存しない帖からきています。
帖名のとおり源氏の死をあいまいにしていることが、この帖の本当の有無よりもはるかに強い存在感があり、源氏という人についても生死にかかわりなく光り放つ存在であることが強まっている。
山口の展覧会が行われたということが記録として残るだけでなく、作品が確かにここに存在し光を放ったであろうことが、見た人たちの心に深く残ってくれたらという願いからつけられました。

台湾の自然や人々の営みなどにも思いを馳せながら作られた展覧会です。
ご旅行の方、お仕事で行かれる方など、機会がありましたらぜひご高覧ください。

  • 展示風景:AKI Gallery