MIZUMA ART GALLERY


トップ › 新着情報一覧 › 会田誠作品がSignature Art Prize 2011のファイナリストに残りました!

WHAT'S NEW ⁄ 新着情報

2011/10/07
会田誠作品がSignature Art Prize 2011のファイナリストに残りました!

シンガポール美術館とアジア太平洋酒造協会基金主催のSignature Art Prize 2011のファイナリストに会田誠作品「灰色の山」が残りました!
  • 灰色の山
  • 2009-2010
  • キャンバス、アクリル絵具
  • 300×700cm
  • 展示風景:「Bye Bye Kitty!!! Between Heaven and Hell in Contemporary Japanese Art」、Japan Society、ニューヨーク、2011
  • (c) AIDA Makoto Courtesy Mizuma Art Gallery
本年の候補者は24ヵ国および地域からノミネートされた130作品から決定しました。
15名のファイナリストはアジア太平洋の14ヵ国および地域からの選出で、カンボジア、中国、インド、インドネシア、日本、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、シンガポール、台湾、そしてベトナムからそれぞれ1名の候補者、韓国からは2名の候補者が選出されました。
これらすべての作品が11月11日〜来年3月4日までシンガポール美術館にて一同に展示されます。
  • 灰色の山 (部分)
  • (c) AIDA Makoto Courtesy Mizuma Art Gallery
Asia Pacific Breweries Foundation Signature Art Prize 2011 Finalists Exhibition
2011年11月11日(金)〜2012年3月4日(日)
シンガポール美術館


15名のファイナリストの作品より以下の賞が11月17日に決定されます。

◆最優秀賞1名 45,000 S$
◆審査員賞3名 10,000 S$
◆ピープルズチョイス賞1名 10,000 S$
最優秀賞および審査員賞は5名の審査員によって選出されますが、ピープルズチョイス賞はみなさまがオンラインまたは会場にて直接投票が可能です。(10月1日〜11月16日まで受付)
投票を行った方から1名にはMacBook Air が、また20名には記念カタログが当たるチャンス付です!

これまで「無冠の帝王」と呼ばれた会田誠が賞を獲る日が遂に来るのか。
是非ご期待ください!

ファイナリストの詳細、またはオンライン投票に関してはこちらをご覧ください。