MIZUMA ART GALLERY


トップ › 新着情報一覧 › 「堀浩哉展 -滅びと再生の庭-」@3331アーツ千代田

WHAT'S NEW ⁄ 新着情報

2015/02/18
「堀浩哉展 -滅びと再生の庭-」@3331アーツ千代田

堀浩哉の個展がアーツ千代田3331で開催されます。
-------------------
本展の『滅びと再生の庭』というタイトルは、昨年秋に刊行(現代企画室刊)された堀の同名の著書に由来しています。冒頭には「3.11以降」の現在の表現を考察する約8万字の書き下ろしエッセイが掲載されています。その中で堀は、福島第一原発事故がもたらした近代文明の本質的な有限性に対して、芸術がいかに向き合うことができるのかを問い続けています。
本展では、新作絵画とドローイングを中心に「3.11以降」堀が試行している表現の展開の一端に立ち会うことができるでしょう。会期中には関連イベントとして、対談とパフォーマンスが予定されてます。(展覧会プレスリリースより)


「堀浩哉展 -滅びと再生の庭-」
日程:2015年02月21日(土)〜2015年03月15日(日)
オープニングパーティ:2月21日(土) 18:00-20:00
時間:11:00-19:00 会期中無休
料金:無料
会場:3331 Arts Chiyoda (東京都千代田区外神田6丁目11-14) 1F メインギャラリーB

《関連イベント》
対談1「3.11以降の芸術」
2月21日(土)15:00-17:00 参加無料
赤坂憲雄(学習院大学教授、福島県立博物館館長)×堀浩哉
会場:1階ラウンジ(定員50名)

対談2「3.11以降の芸術ー半殺し対談・2」
3月7日(土)15:00-17:00 参加無料
椹木野衣(美術批評家)×堀浩哉
会場:1階ラウンジ(定員50名)

パフォーマンス「記憶するために」
3月11日(水)15:00-16:00 参加無料
堀浩哉×堀えりぜ
会場:2階 体育館