Exhibitions

Archives

インディゲリラ「Cosmic Waltz」(TOKYO)

2021年09月08日(水) - 10月09日(土)

※ 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、本展は1時間ごとに定員12名の枠を設けたアポイント制での開廊とさせていただきます。


ただし、定員に達していない時間帯は予約なしでの当日鑑賞が受付可能です。


ご来廊の際には、オンラインによる事前予約をお願いいたします。(予約開始は展覧会の数日前を予定しております。)



https://airrsv.net/mizumaartgallery/calendar


状況に応じて開廊方法などに変更がある場合には、随時ホームページ等で情報を更新いたします。皆様にはご不便おかけしますが、ご理解、ご協力をお願いいたします。


ーーーーーーーーーーーーーー


 


ミヅマアートギャラリーでは、9月8日よりインドネシアのアーティスト・ユニット、インディゲリラによる個展「Cosmic Waltz」を開催いたします。


2015年に開催した天明屋尚との二人展、2017年に開催した「未来の痕跡―東南アジアの現代美術」展に続き、日本での初個展となります。


 


「Cosmic Waltz」の新作アイデアは、私たちが身体の動きにどれほど無意識であるか、という人体へのシンプルな観察から始まりました。 24時間のうち、私たちが完全に身体の状態を把握しているのはたったの5%だと言われています。私たちはそれ以外は無意識に身体を動かしており、それが本来は驚異的な可動域であることを忘れてしまうほどです。例えば、座る、額の汗を拭う、靴紐を結ぶ、親指で画面をスクロールする、足の裏で床の冷たさを感じる、といったこれらの動きは簡単そうでいて、あまりにも日常に溶け込んでおり、ありがたさを感じることはありません。しかし、自由に身体を動かすことが困難な人々にとっては同じではありません。


 


インディゲリラは、本展の作品中のキャラクターたちが皆、魂のダンスを踊るかのように、宇宙のリズムに合わせて自発的にうねり、流れるように動いていると考えます。これらの作品を通して彼らは、自由に動くことができる健康な身体に感謝し、自分自身を愛するようにと、我々を導くことでしょう。


 


一連の作品群には、ポップカルチャーとジャワの伝統的なイメージとともに、20世紀の近代絵画の影響がみられます。それは、6ヶ月間と比較的短期間ながら、西洋のアートヒストリーに触れる機会となった、2018年のドイツのシュツットガルトでの滞在の賜物であるといえるでしょう。一方で、遠近法を排除したような構成には、全てが平面と2次元で現される伝統的なワヤン・クリ(wayang kulit) の影響もみられます。本作におけるオブジェクトの抽象化は、彼らが現在、ものの本質を感じることに関心を持っていることの現れです。また、作品中の色彩は、幸福に満ちた前向きな人生を祝福するムードを後押しするように選定されています。インディゲリラはジャワ人として、ものごとを前向きに受け止め、身をまかせるスマラー(sumarah)であれと教えられました。そのため、鮮やかで躍動感のある大胆な色彩が喜びを表すために用いられています。


 


健やかで自由な身体こそが幸福の原点であることを、私たちは彼らの祝祭的で、躍動感溢れる作品に見出すことができるのではないでしょうか。


また本展では、様々な見え方の違いを体験してほしいという彼らのユニークで新しい試みとして、一部の作品を毎週90度ずつ回転させる予定です。


ぜひご高覧を賜れましたら幸いです。


 


<インディゲリラについて>


ミコ(1975年インドネシア、クドゥス生まれ)とサンティ(1977年インドネシア、スマラン生まれ)夫婦によるアーティスト・ユニット。1999年にグラフィックデザイン・オフィスとして立ち上げられたインディゲリラは、「新たな可能性を見出すために常にゲリラでいる」という自身の哲学により、2007年にフルタイムのアーティストとなる。しかし今もなお、デザインは彼らの芸術的表現の一部として、型にはまらない表現手段や技法を探究する上で非常に重要な役割を担っている。


彼らの熟練した視覚効果への手腕と、様々なメディアを横断する実験的な試みに加えて、その作品はまた、民族学的影響においても評価されている。伝統的な価値観と現代文化とのユニークな繋がりが注目され、世界中で数々の重要な展覧会に参加。主な個展に「NGA Play Project: indieguerillas 」The National Gallery of Australia、キャンベラ、オーストラリア(2017)、「_hyP3<y<lu5_」Mizuma Gallery、シンガポール(2017)、「Indie what? Indie who?」Garis Art Space、ジャカルタ、インドネシア(2010)、「HAPPY VICTIMS 」VWFA、シンガポール(2010)など。また、OHD Museum、Singapore Art Museum、Guangdong Museum of Artに作品が所蔵されている。現在、インドネシアのジョグジャカルタで活動。


 


 


今回の展覧会を3Dウォークスルーでもお楽しみいただけます。

下記リンク先よりご覧ください。


 


https://my.matterport.com/show/?m=R4LEk3WXNYb