Artist

奥田 雄太 ⁄ OKUDA Yuta

日本とイギリスにてファッションデザインを学んだのち、ファッションブランド「TAKEO KIKUCHI」でデザイナーとして活動。2016年にアーティストに転向した奥田雄太は国内での個展やグループ展に精力的に参加し、製作と発表を続けキャリアを築き上げている。


 


計算した線のみで構成された細密画で表現していたが、ここ数年「偶然性」に重きを置いた”花”の作品を中心に発表を続けている。

さまざまな色味で表現される花はポップなイメージが強いが、花びら一つ一つに緻密な線描が施されている。彼自身、花に見えなくてもいいと語るそれは確かに具象としての花ではない。


作家が「自己をサルベージ(救出・救助)する」なかでたどり着いた、幼少期の記憶がもととなっていると語る。


コロナ禍をきっかけに、当たり前と感じていたことが実は特別な出来事だったと気づき、「感謝を作品にしたい」という思いから「with gratitude」をテーマに作品を製作している。


1987 愛知県生まれ


個展

2021


「With Gratitude」 Mizuma&Kips、ニューヨーク、アメリカ


「WITH GRATITUDE」Elephant Studio、東京


Gallery 201、東京


 


2020


「Black to Colourful」石川画廊、東京


「With Gratitude」Ellipse Tokyo、東京


eplus LIVING ROOM CAFE & DINING、東京


Gallery 201、東京


2019


Gallery Blanka、愛知


Interior cafe&gallery World Times、兵庫


Ellipse Tokyo、東京


NishiikeMart【西池袋マート】、東京


Kiriko THE Museum、東京


REFECTOIRE、東京


The Micro Museum、東京


「Boundary line of bleeding」gallery 201、東京


 


2018


一畑百貨店、島根


 


2017


SPOONBILL、東京


Gallery Blanka、愛知


なんてんcafe、東京


 


2016


Ellipse Tokyo、東京


SPACE M、東京


「Colourful Black」REFECTOIRE、東京


「Colourful Black」Gallery 201、東京


「Line’s Creature」Ellipse Tokyo、東京


「Line’s Creature」HOT BUTTERED CLUB、東京


グループ展

2021


ART NAGOYA 2021、愛知


 


2020


art TNZ、東京


「Food chain」TOMOHIKO YOSHINO GALLERY、東京


 


2019


ART TAIPEI, Taipei


「Monochrome」美の起原、東京


Le ciel blue、東京


 


2018


「SKULL展」 Ellipse Tokyo、東京


「work in progress」ギャラリーくぼた別館、東京


GOLD CHILD CAFÉ、愛知


Smiles 中目黒、東京


「Homage」Sansiao Gallery HK、香港


 


2017


「点と線、そして気配。」L’illustre Galerie LE MONDE、東京


「work in progress」TOMOHIKO YOSHINO GALLERY、東京


「868788」Art Complex Center、東京


Gallery 201、東京


SOCIAL SPACE KIYOSUMI、東京


 


2016


「Over the MINIATURE」、Art Complex Center、東京


「GARDEN」Gallery Conceal Shibuya、東京


「ACT ART COM」Art Complex Center、東京


「Mode Mood」Omotesando ROCKET、東京


Publications

2017


『花と生きもの美しく繊細な塗り絵 Colourful Black』(河出書房)